J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

OPINION1 アンガーマネジメント 衝動・思考・行動を制御し 思いとリクエストを伝える

「怒りの仕組みを理解し、ポジティブに変換できる」と企業やアスリートが注目する、米国発の感情コントロール・プログラム、アンガーマネジメント。
この考え方を日本に導入した安藤俊介氏は「怒ること自体が問題なのではない」と言う。
上手に怒りと向き合いながら、相手に自分の思いを伝えるコツとは。

残り:3,239文字

/

全文:4,318文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


安藤俊介(あんどう しゅんすけ)氏
日本アンガーマネジメント協会 代表理事
日本アンガーマネジメント協会代表理事。アンガーマネジメントコンサルタント。
1971 年生まれ。2003 年に渡米してアンガーマネジメントを学び、日本に導入し、第一人者となる。企業、教育委員会、医療機関などで多数の講演、研修を行う。年間受講者数は2万人超。主な著書に『怒りに負ける人、怒りを生かす人』、『「怒り」のマネジメント術』(共に朝日新聞出版)、『はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『アンガーマネジメント入門』( 朝日新聞出版)。


[取材・文]=佐藤鼓子 [写真]=編集部