J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

TOPIC-2 脳を知り、感情制御や行動に活かす リーダーシップ開発と 神経科学・マインドフルネス

近年、神経科学が注目を集めている。なぜなら、私たちの行動には、脳内の神経反応が密接に関わっており、それを知っておくことで、仕事での振る舞いや心身のケアに活かすことができるからである。
具体的には、何を知っておくと、何に活かすことができるのか。
特にリーダーシップ開発との関係に着目している、米国のリーダーシップ専門教育・研究機関CCL(Center for Creative Leadership)客員研究員のキャスリーン・クラーキン氏に聞いた。

プロフィール


キャスリーン・クラーキン(Cathleen Clerkin)氏
2 0 1 3 年よりC C L ( Center for Creative Leadership)の活動に参画。専門は、組織心理学・社会心理学・ポジティブ心理学・政治学・応用社会認知神経科学など多岐にわたる。カリフォルニア大学バークレー校を卒業後、ミシガン大学アナーバー校にて心理学の博士号取得(Ph.D)。

[取材・文]=堀尾志保・小菅 啓・永國幹生(JMAM) [写真]=CCL提供