J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

CASE 2 日本ユニシス 多様な働き方・学び方へ 反転学習、サイバーメンタリングなど “デジタル”で人財育成を進化

ITサービス企業の日本ユニシスは、自社の人財育成においても、デジタルツールを積極活用している。
新規事業の創出プログラムにおいて、事前学習や個別指導をオンラインで実施するほか、オンライン通話を用いたワークショップ、自己学習用eラーニング教材の提供なども行い、働き方・学び方の改革にもつなげようとしている。

残り:3,155文字

/

全文:4,207文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


宮本文宏氏 組織開発部 人財イノベーション室 室長

日本ユニシス
1958 年設立。金融、製造、流通、エネルギー、社会公共などの幅広い分野に対してサービスを提供するITサービスプロバイダー。ICTで培った経験と実績をバックボーンに企業課題に向き合い、顧客・パートナーと共に未来を先回りした価値創造に取り組んでいる。
資本金:54億8317万円、連結売上高:2780億3900万円(2016年3月期)、連結従業員数:8103名(2016年3月31日現在)
[取材・文]=崎原 誠  [写真]=編集部