J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 バリューの浸透とコーチングで、 成長につながる“気づき”を促す

能力開発には、ハードスキルとソフトスキルという2つの側面がある。だが、コミュニケーション力などのソフトスキルを根本から高めることは、とても難しい。医薬品メーカー、ベーリンガーインゲルハイムジャパンのタレントマネジメント部では
「オーガニック・イノベーション」という考え方で、豊かな人間性や関係性構築力といったソフトスキルを育む施策を打ち出している。
めざすは、全ての社員が主体的に行動し、活性化しながら組織も成長する、健康的な企業体質の醸成だ。
どうすればそのような組織をつくることができるのか。同社の人材育成、組織開発を担う2人に、その手法と思いを聞いた。

残り:5,282文字

/

全文:7,042文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

ベーリンガーインゲルハイム ジャパン
人事本部 タレントマネジメント部
シニアHRアドバイザー
タレントマネジメント
PCC CPCC ORSCC
大野 宏(Hiroshi Ohno)氏
大学卒業後、日本ロシュに入社。
医薬品営業支店長を経て、スイス本社にて、人的資源管理、エグゼクティブリーダーシップ開発のデザイン導入などに携わる。
帰国後ロシュ・中外製薬で人事部・人財開発部長に就任。
ベーリンガーインゲルハイムジャパンに入社後はタレントマネジメント部長として、成果を生み出す働きがいのあるチーム・職場づくりの実現に向けたエビデンスづくりに尽力。現在はシニアHRアドバイザー。



ベーリンガーインゲルハイム ジャパン
人事本部 タレントマネジメント部
人財開発グループマネージャー
CPCC
ORSCC
森尾 公仁子(Kuniko Morio)氏

大学卒業後、日本ロシュ入社。その後中外製薬を経て、ベーリンガーインゲルハイムジャパンに入社。
企業統合、企業変革プロジェクトに多数参画し、激しく変化する経営環境の中で、企業の変革を「ひと」「組織文化」の側面から推進することに従事。
人財開発体系構築、IT をベースとした人財開発インフラ整備、変革を現場に展開するための設計などコーポレートレベルの基盤整備に関わる。


ベーリンガーインゲルハイム ジャパン
2010 年に日本のベーリンガーインゲルハイムグループの持ち株会社として設立。
傘下に4つの完全子会社を持つ。
人事本部タレントマネジメント部では、グループ全体の人財の能力開発、組織開発を担う。
グローバルの本社はドイツのインゲルハイムにあり、世界に145の関連会社と4万7500人以上の従業員を擁する。
グループは、ヒト用医薬品、動物用医薬品等の製造、販売及び輸入を行う。
資本金:1億円(2015 年12 月31日現在)、従業員数:日本のグループ全体で約2700 名(2015年12 月31日現在)

[取材・文]=田邉泰子  [写真]=大野氏提供、編集部