J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

Story 1 ポイントは、「どうしたら」を考えることと任せること 周囲をやる気にさせるリーダーシップ

「リーダーシップを発揮する」ことは、“ 控えめ”といわれる日本人には難しいことかもしれない。
だが、先頭に立ち組織をけん引することばかりが、リーダーシップの在るべき姿ではないはずだ。
ここでは、「まごころ宅急便」という高齢者のための画期的なサービスを発案した1人の女性の事例を通じて、別な形のリーダーシップ像を紹介しよう。
彼女を支えたのは、「人の役に立ちたい」という純粋な思いだった。

残り:3,171文字

/

全文:4,228文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


松本 まゆみ(まつもと まゆみ)氏
ヤマト運輸 岩手主管支店 営業企画課 課長

1998年ヤマト運輸にパートタイム社員として入社。他のアルバイトをかけ持ちしながらセールスドライバーを務める。2007 年正社員に登用、2008 年盛岡駅前センター長に着任。「まごころ宅急便」開発のため、2010 年に営業企画課へ異動し現職に。現在は路線網の維持が難しいバス路線を用いた荷物の輸送「客貨混載」やメーカーのリコール品回収と高齢者の見守りを結びつけたサービスなど、宅急便を利用した地域課題解決につながるサービスの企画立案を手掛ける。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=ヤマト運輸提供