J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

連載 中原 淳の学びは現場にあり!  第36回(前編) “答えを与えない指導”が考える人材を育てる! 世界で活躍するサッカー選手は いかにして生まれるのか?

ガンバ大阪でコーチ育成に携わる上野山信行氏は、宮本恒靖、稲本潤一、安田理大、宇佐美貴史ら世界で活躍する多くのサッカー選手をユース時代から育てたサッカー指導者だ。
上野山氏の長年来の知己、ヤフーの本間浩輔氏は、“一流選手を育てる極意”には企業における人材育成に通ずる点が多い、と語る。上野山氏、本間氏、そして中原氏のスペシャル鼎談を2回に分けてお届けしよう。

プロフィール

スペシャル鼎談

本間浩輔氏
1968 年生まれ。早稲田大学卒業後、野村総合研究所に入社。コンサルタントを経て、スポーツ・ナビゲーション(サイト名:スポーツ・ナビ、現ワイズ・スポーツ)の創業に参画する。
2002年、同社がヤフーに傘下入りした後は、ヤフー・スポーツのプロデューサー、執行役員ピープル・デベロップメント統括本部長などを経て、16 年4月より現職。

上野山信行氏
1957年生まれ。76 年からヤンマーディーゼルサッカー部、86年現役引退。92年ガンバ大阪ユースの監督に就任。強化部長、育成担当部長、取締役育成・普及部長などを経て2009年Jリーグ技術委員長に就任。14年から現職。宮本恒靖、稲本潤一など育てた選手の多くが日本代表に選ばれている。

中原 淳(Jun Nakahara, Ph.D.)
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。
Blog: http://www.nakahara-lab.net/blog/ Twitter ID: nakaharajun

[取材・文] = 井上 佐保子 [写真] = 小町 直