J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

CASE 3 三洋化成工業 チャレンジ精神醸成と社内外へ視野を広げる 気づきを与える数々の仕組みで 優秀な研究者を育てる

パフォーマンス・ケミカルスメーカーの三洋化成工業では、「優秀な研究者」のロールモデルを示したり、6年目成果発表会で自身のレベルを意識させたり、経営層や部門を越えた気楽な対話の場を積極的に設けたりすることで、先のキャリアを考えさせ、社内外へ視野を広げさせている。

残り:3,380文字

/

全文:4,506文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

前田浩平氏
取締役 兼 常務執行役員 研究部門担当

三洋化成工業
1949 年に界面活性剤メーカー「三洋油脂工業」として創業、1963年社名変更。各種の高分子薬剤や樹脂、特殊化学品などを開発し技術領域を広げてきた。紙おむつの素材となる高吸水性樹脂を1978 年に世界で初めて商業生産し始めた、同素材の草分け。
資本金:130 億5100万円、連結売上高:1670 億円、従業員数:1979名(関係会社への出向者含む。いずれも2015年3月現在)

[取材・文]=渡辺清乃、[写真]=編集部