J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

OPINION3 イノベーターを生む組織能力の向上 技術者が自由にチャレンジし 切磋琢磨する場づくりが鍵

今、切実に求められる、新しい価値を生み出す人材。
そうしたイノベーターを育むには、一人ひとりを見て接する必要がある。
また、彼らが定着し力を発揮する組織づくりも不可欠だ。
イノベーションが次々と生まれる、組織能力の高め方とは。

プロフィール

鬼束智昭(おにづか ともあき)氏
電気通信大学経営工学科卒業後、1991 年、日本能率協会コンサルティング(JMAC)入社。以来一貫して製造業のR&Dマネジメント領域の改革コンサルティングを担当。主に新事業立案、研究開発プロセス改革、R&D組織革新、イノベーションを起こす組織や人材に関する支援を展開。共著に、『研究開発テーマの評価法とGo/Stop判断の基準』『ボトムアップ研究 その仕掛けと工夫』(技術情報協会)。

[取材・文]=道添 進 [写真]=編集部