J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

OPINION1 戦略的に人数を把握し育成・獲得を プロデューサー的 イノベーション人材の育て方

1990 年代より、欧米先進技術の導入から独創技術の自主開発に転換した我が国の研究開発(R&D)。
今、研究開発を支えるには、どのような人材が求められているのか。
彼らのモチベーションを高め、育成する人材マネジメントはどうあるべきなのだろうか。

プロフィール

福谷正信(ふくたに まさのぶ)氏
1948 年生まれ。1971 年、東京理科大学工学部経営工学科卒業、1973 年3月、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。同年4月から2001年まで日本生産性本部に勤務。2001年、立命館アジア太平洋大学アジア太平洋マネジメント学部教授。研究領域は人的資源管理、経営戦略等。著書に『技術者人事論』、編著に『日・中・台・韓企業の技術経営比較』、共編著に『グローバル・ニッチトップ企業の経営戦略』などがある。

[取材・文]=浜名 純 [写真]=編集部