J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年05月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 現場こそ育成の原点 「汗の値段」を大切に

快適な住空間を創造する「窓やドア」、美しい都市景観を創造する「ビルのファサード」など、さまざまな建築用プロダクツを提供し続けるYKK AP。
2013年度からスタートした第4次中期経営計画では、「商品力・提案力によるAP事業の持続的成長」を事業方針に掲げる。
「メーカーに徹する」という揺るぎない信念を貫きつつ、方針を実現するための新時代の人材をいかに育成するのか。
堀秀充代表取締役社長が語る。

プロフィール

堀 秀充(Hidemitsu Hori)氏
YKK AP 代表取締役社長

生年月日 1957年11月24日
出身校 慶應義塾大学 経済学部
主な経歴
1981年 旧吉田工業入社
1989年 アメリカ勤務
2000年 YKKコーポレーション・オブ・アメリカ
上級副社長 経営企画担当
2006年 YKK AP 経営企画室長
2007年 執行役員 経営企画室長
2009年 取締役 上席常務 事業本部長
2011年 代表取締役社長
現在に至る

企業プロフィール
YKK AP
1957年、吉田工業(現YKK)のスライドファスナーの輸出と伸銅品の営業を手がける「吉田商事」として発足。59年から建材の生産や販売に特化。窓やドア、ビルのファサード(正面装飾)など、さまざまな建築用プロダクツを通して事業価値を創造。
資本金:100 億円、グループ売上高:3518億円(海外を含むと4024億円※2015年3月期)、グループ従業員数:1万2300名(※海外を含むと1万6200名、2015年4月末現在)

インタビュー・文/村上 敬
写真/中山博敬