J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年04月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 一歩踏み出すことが 会社の成長につながる

世界160カ国以上に医療機器や医薬品などを供給するテルモ。「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念を掲げる同社で、人材育成を担う人材開発室長の前田浩司氏は、人事と営業の現場を通じ、その理念の重みを肌で感じてきた。「私自身、現場での経験があって、今がある。
その場その場で一生懸命やり通せば、必ず新しい道が開ける」。一歩踏み出すきっかけや意欲を発揮できる機会を提供し、働きがいを感じてもらうことで、個人が成長し、会社の成長へとつながる―。そんな循環を築くことが前田氏の目標だ。

残り:2,889文字

/

全文:3,852文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


テルモ
人材開発室 室長
前田浩司 (Kouji Maeda)氏
1985年テルモ入社、岡山支店配属。その後、営業本部で管理部、営業企画部を経て、1995年より本社人事部で採用、研修、人事企画に携わる。2006年ヘルスケアカンパニーのプレジデント、2010年、販売拠点の1つである横浜支店支店長を経て、2013年人材開発室長に就任。

テルモ
1921年創立。医療機器、医薬品の製造・販売を行う。世界初のホローファイバー型人工肺や、日本初の使い切り注射器などの製品を生み出し、カテーテルや人工心肺装置などは世界でも高いシェアを持つ。
資本金:387億円(2015年3月末現在)、
連結売上高:4895億円(2015年3月期)、
単体社員数:4930名、連結社員数:2万198名(2015年9月末日現在)

取材・文/髙橋真弓 写真/編集部