J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年02月号

寺田佳子のまなまな 第2回 女流囲碁棋士 吉原由香里六段に聞く 「プロの世界を生き抜くキメの一手」(後編)

寺田佳子さんのリニューアル連載第2回は、初回に続き吉原由香里六段との対談の模様をお届けします。
女流棋聖への挑戦権を獲得し、7 期ぶりの奪還に向け闘志を燃やす吉原六段(2016 年1月20日時点)。
“囲碁ヴィーナス”として多方面で活躍する吉原氏の「学びのセンス」に迫ります。

残り:2,141文字

/

全文:2,854文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

寺田佳子(てらだよしこ)氏
ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師、ATD(タレント開発協会)会員。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/YoshikoTeradaBook

吉原由香里(よしはら ゆかり)氏
囲碁棋士。加藤正夫名誉王座門下。大学4年の12 月にプロ試験合格。第10 -12期女流棋聖。漫画『ヒカルの碁』の監修やNHK大河ドラマの囲碁指導、テレビCM出演、東大「囲碁で養う考える力」など大学での囲碁講座の講師、若い世代への囲碁普及をめざす「IGO AMIGO」初代代表幹事、と幅広く活躍。