J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年08月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 企業の発展を支えるのは 社員一人ひとりの感動を伴う気づき

「自らの気づきによって得られた学びこそが本当の成長につながる」。
NECネッツエスアイ執行役員の坂梨恒明氏が人材育成施策を企画するうえで重視するのは、一方的に知識を詰め込む教育にしないこと。自発的に考え、“ そうか!”という感動をもって得られた学びこそが身につくと考えるからだ。チームでも、1つの目的を達成する場を設定すれば、自然と課題は何かを考え、解決するための工夫が生まれる……。そうした機会をどれだけ与えられるかという「個の能力を企業発展の力に変える育成」を追求している。

残り:3,254文字

/

全文:4,338文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

執行役員(人事、CSR・広報、法務)
坂梨 恒明(Komei Sakanashi) 氏
1981年日本電気入社。日本電気総合経営研修所、日本電気アイシーマイコンシステムなどを経て、1995 年日本電気 人事教育部人事課長、1999 年東北日本電気 総務部長に。その後、日本電気にてビジネスユニットの人事統括マネジャーおよび人事部長を歴任し、2013年NECネッツエスアイ 執行役員に就任。
NECネッツエスアイ
通信インフラの設置工事を行う会社として1953年に設立。現在はネットワークを核にICTシステムに関する企画・コンサルティングから設計・構築、システムの保守・運用までトータルに提供。官庁・自治体や通信事業者、企業まで幅広い分野で通信ネットワーク/コミュニケーションを支える。
資本金:131億2200万円(2015年3月31日現在)、連結売上高:2922 億円(2015年3月期)、連結従業員数:7260名(2015年3月31日現在)
取材・文/髙橋真弓 写真/編集部