J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年08月号

CASE 1 資生堂 誰もがキャリアパスを描ける仕組みに 「女性に優しい企業」から 「もっと、ずっと活躍できる企業」へ

女性リーダー比率30%が目前に迫る資生堂。
女性活躍に関する各種のアワードを受賞するなど、先進的な取り組みは注目の的だ。
すでに「育児をしながら仕事が継続できる」というステージは終わり、「男女ともにキャリアアップ」をめざす第3のステージを迎えているという。
同社が進める新たな風土づくりとは。

残り:2,572文字

/

全文:3,429文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

青山幸敏 氏 人事部 社員サポート室 イコールパートナーシップ推進グループリーダー
資生堂
日本初の洋風調剤薬局として1872年に東京・銀座に創業したのが始まり。化粧品事業に進出して以降、美を通じて、常に新たな価値を提供し続けている。現在は多くのブランドを展開し、世界中で支持されている。
企業メッセージは「一瞬も 一生も 美しく」。
資本金:645億円(2015年3月現在)、連結売上高:7777億円( 2015年3月期)、従業員数:約4万5948名(臨時従業員数含む 2015年3月31日現在)
[取材・文]=竹林篤実 [写真]=ブラザー工業提供、編集部