J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年08月号

OPINION2 選択肢は短時間勤務だけではない 働き方の自由度を高めればキャリアと育児・介護の両立は可能

短時間勤務制度を利用すれば、仕事と育児・介護の両立は可能になるが、責任ある仕事を任せてもらえなくなり、キャリアの面で不利になりがちだ。
女性活躍の問題に90年代後半から取り組んできた英国、ドイツでは、働く時間を減らすのではなく、働き方の自由度を高めて両立を図る試みが進んでいる。
数年にわたり、両国の実態を調査してきた法政大学の武石 恵美子教授が、欧州の実情と日本がめざすべき方向性について語る。

残り:3,345文字

/

全文:4,460文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

武石 恵美子(たけいし えみこ)氏
法政大学 キャリアデザイン学部 教授
法政大学キャリアデザイン学部教授。筑波大学卒業後、労働省(現厚生労働省)を経てニッセイ基礎研究所に勤務。2001年、お茶の水女子大学人間文化研究科博士課程修了。博士(社会科学)。東京大学社会科学研究所助教授等を経て2006年4月より法政大学。専門は人的資源管理論、女性労働論。兼職として、厚生労働省「中央最低賃金審議会」「労働政策審議会雇用均等分科会」委員など。著書多数。
[取材・文]=平沢真一 [写真]=編集部