J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年08月号

OPINION1 世代ごとにアプローチを変えた活躍推進 「長く働ける」「ステップアップできる」仕組みを

ライフイベント後の女性のキャリアが問題になっている。
「寿退社」という言葉が死語となりつつある今日だが、女性たちの意欲や能力を、活かしきれていない企業も多い。
出産、育児による離職を食い止めると共に、チャレンジを促すためにどんな働きかけが必要なのか。
働く女性のための雑誌『日経ウーマン』の元編集長であり、女性活躍推進に詳しい日経BP社 日経BPヒット総合研究所長・執行役員 麓 幸子氏に聞いた。

残り:3,291文字

/

全文:4,388文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

麓 幸子(ふもと さちこ)氏
日経BP社 日経BPヒット総合研究所長・執行役員
1984年日経BP社入社。『日経ウーマン』の創刊に携わり、2006年同編集長、2012年よりビズライフ局長に就任。『日経ウーマン』『日経ヘルス』などの発行人を務める。2014年より現職。
内閣府委員、林野庁委員、経団連21世紀政策研究所研究委員などを歴任。筑波大学非常勤講師。著書多数。『なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか』(日経BP社)がある。

[取材・文]=井上佐保子 [写真]=麓氏提供