J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

Column2 ~日本ラグビー界のリーダーに聞く ~ 世界で勝てる選手の要件と育て方

多くの日本人スポーツ選手が海外で活躍するようになって久しい。
スポーツの世界、それも国際的な舞台で日本人が結果を残すためには、どんなマインドセットが必要なのか。若い頃から育成できることとは。
自身も現役時代、海外でプレーした経験を持ち、現在はラグビー界の人事や次世代の選手の育成を担う、岩渕健輔氏に聞いた。

残り:2,562文字

/

全文:3,416文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

岩渕 健輔 氏
日本ラグビーフットボール協会 日本代表ジェネラルマネージャー
1975年、東京都生まれ。小学生の時にラグビーをはじめ、青山学院大学在学中に日本代表初選出。卒業後の1998 年、神戸製鋼入社後、ケンブリッジ大学に入学。2000年に退社・卒業しイングランドプレミアシップのサラセンズ入団。その後サニックスやフランスのコロミエ、7人制日本代表の選手兼コーチなどを経て、2009年に日本協会入り。
2012年より現職。現役時代のポジションはスタンドオフ。日本代表としてテストマッチ通算20試合に出場。

[取材・文]=Top Communication [写真]=日本ラグビーフットボール協会提供、菊池壯太