J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

Column1 学ぶ意欲とオープンな心 「マインドフル」な人との出会いがグローバル人材を育む

世界で活躍するビジネスパーソンに共通する、重要な資質がある。
「マインドフルであること」だ。
「多様な他者」と対峙し、コミュニケーション能力をフルに発揮するために不可欠な心構えという。
若手グローバル人材を育成するうえで、その模範となるべきまず中高年層が身につけておくべきマインドセットについて、船川淳志氏が語った。

残り:3,536文字

/

全文:4,715文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

船川 淳志( ふなかわ あつし) 氏
グローバルインパクト代表パートナー。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。東芝、アリコジャパンに勤務後、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)にてMBA取得。組織コンサルタントとして活動する傍ら、以下の講師を歴任。サンダーバード日本校 客員教授(1999-2003)、NHK教育テレビ「実践・ビジネス英会話ーグローバルビジネス成功の秘訣」講師(2003-2004)、社団法人日本能率協会 主催「グローバルビジネスリーダープログラム」主任講師(2004-2007)、国際基督教大学大学院 Global Leadership Studies 非常勤講師(2011-)、早稲田大学大学院ETP 非常勤講師(2011-)。