J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

人材教育 The Movie ~映画でわかる世界と人~ 第33回 「リトル・ダンサー」川西玲子氏 時事・映画評論家

「リトル・ダンサー」
2000年 イギリス 監督:スティーヴン・ダルドリー

川西 玲子(かわにし・れいこ)氏
1954年生まれ、メディア・エンタメ時評。中央大学大学院法学研究科修士課程修了(政治学修士)。シンクタンク勤務後、企業や自治体などで研修講師を務めつつ、コメンテーターとして活動。著書に『映画が語る昭和史』(武田ランダムハウスジャパン)、『戦前外地の高校野球 台湾・朝鮮・満洲に花開いた球児たちの夢』(彩流社)等。

『リトル・ダンサー』
DVD・ブルーレイ発売中
¥1,429+ 税(DVD)¥1,886+ 税(ブルーレイ)
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
イギリス北部の炭鉱町を舞台にバレエダンサーをめざす少年の夢と家族愛を描いた感動作。主演のジェイミー・ベルは15 歳で英国アカデミー賞・主演男優賞を受賞。2005 年にはミュージカル化され5大陸で上演し、1000万人以上が観劇。
Film ©2000 Tiger Aspect Pictures (Billy Boy) Ltd. All rights reserved.

○家族愛だけではない

『リトル・ダンサー』は、イングランド北部の、さびれつつある炭鉱町から、少年がバレエダンサーをめざして飛翔していく物語である。2000年に公開されて世界中でヒットした。作品の質に対する評価も高く、演出家出身のスティーヴン・ダルドリー監督は第1作目にして、アカデミー賞の候補にもなった。

爽やかで感動的なラストが素晴らしい。そのためか、少年の夢を支える家族の愛と感動の物語だという印象がある。最近はどんなドラマや映画も、そういう括りで宣伝される。家族の愛と感動の物語は確かに、誰にでも受け入れられる普遍的なテーマだ。だがそれを強調し過ぎると、作品に対する見方が一面的になって、他の要素が抜け落ちてしまう。

実際、監督は『リトル・ダンサー』のテーマを、「共同体の再生」だと語っている。私はそこに感動した。当時、まだ40歳になるかどうかという若さだった監督が、ニューレイバー政策を推進するブレア政権下で、サッチャー政権時代に炭鉱町で何が起きていたかを描いたのである。

サッチャー政権下でイギリスは大きく変わった。弱者を含めた共同体の維持から、適者生存、競争原理の社会に変貌した。その変化が典型的に現れたのが炭鉱だ。イギリスの炭鉱には独特の文化があり、それが労働運動を支えていた。サッチャー政権はそれに闘いを挑んだのである。炭鉱町では、サッチャー政権の政策に反対するストライキが頻発していた。

○苦しい生活、輝かしい夢

時は1984年。炭鉱はストライキ中で、収入が入らないから生活は苦しい。街には未来も希望もない。母を亡くして父と兄の3人で暮らす11歳のビリーは、そういう中で暮らしていた。そして父に勧められて、ボクシング教室に通っている。だが負けてばかりだ。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:711文字

/

全文:1,421文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!