J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

論壇1 ~カギは「発揮すると活力の出る強み」~ 強みで高い成果をつくり出す時代の到来

社員一人ひとりの弱みを克服するよりも、強みを活かしたほうが早く高い成果を上げられることは認知されてきた。しかし、実際に社員一人ひとりの強みを活かしている組織はまだ多くないように見受けられる。そこで、強みを活かした個人・強みを活かした組織についてのポジティブ心理学者の考察、強みに対する考え方、その視点と応用について、事例も含めて解説を試みたい。一人ひとりがイキイキと働き、高い生産性を上げる組織づくりに、「強み」は重要な推進力になるのである。

残り:3,253文字

/

全文:4,337文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

渡辺 誠(わたなべ まこと)
一般社団法人 ポジティブイノベーションセンター 代表理事 サクセスポイント 代表取締役
ニックネームはMax Watanabe。中央大学卒業後、富士ゼロックスへ入社。サウスカロライナ大学へ留学。2006年に人材開発・組織開発に携わるサクセスポイント株式会社を設立し、日本で初めてポジティブ心理学を導入。2008年には一般社団法人ポジティブイノベーションセンターを設立。ポジティブ心理学の応用を研究している。2011年、強みを計測するアセスメントRealise2を日本に導入。