J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

ASTD STADAカンファレンスレポート 人材育成分野でも、アジア諸国が世界を牽引する日はそう遠くない

2012年10月31日から3日間、シンガポールでHRカンファレンス、「ASTD STADA Asia Pacific Conference 2012」が開催された。
“Developing Human Capital in the Asia Pacific Economy”というテーマのもとで開催されたこのイベントでは、人材育成で先進する欧米のノウハウを貪欲に吸収しようとするアジア・パシフィック諸国の人々の“勢い”が感じられた。
カンファレンスで議論されたテーマとともに、当日の様子を報告する。

白井祐子(しらい ゆうこ)氏
グローバルナレッジマネジメントセンター マーケティングマネジャー
グローバルナレッジマネジメントセンター(GKMC)株式会社 マーケティングマネジャー。GKMC は世界最大の人材育成組織AMAが開発するプログラムを通じて、企業のグローバル人材育成を支援している。

取材・文・写真/石原 野恵

欧米とアジアのコラボはどう始まったのか

STADA(The Singapore Training and DevelopmentAssociation)は1972年に設立された、人材育成のプロフェッショナルからなる組織だ。彼らがめざすのは、アジアパシフィック地域の「人材開発と生涯学習におけるベストプラクティスが集約する機関」――”TheLeading Centre for Best Practicesin Human Capital Developmentand Lifelong Learning”となること。そして、それを実現するために、STADA CEOのロバート・ヤオ(Robert Yeo)氏がASTDに打診をしたことをきっかけに開催が決まったのがこの会であり、今年で2回目となる。

カンファレンス初日にヤオ氏と話をする機会があった。こう熱く語ってくださったのが印象的だった。「今や世界を牽引する市場となりつつあるアジア新興国が、この分野における先手を担ってきた欧米諸国から能力開発のノウハウを貪欲に学び、“Acquiring Knowledge(知識の習得)”を通して人材の底上げを図ることは必須です。それと同時に、知識を習得した層がその知識を実務に活用する――“ApplicationKnowledge(知識の活用)”を実践することも重要であり、これをして初めて、“continue to grow anddevelop(継続的に成長する)”ことができるのです」と。「その成長のために、どの国が重要なのでしょう?」と聞く私に対し、「どの国がどうこうという時代はもう過ぎているのです。大切なのはお互いに協力(collaborate)し、”我々(us)”としてどう能力を発揮していくかですよ」と話してくれた。

ヤオ氏が実現したASTDとの協力関係。そこに、“今や私たちのビジネスパートナーはグローバル環境にいるのだ”という彼のメッセージを読み取ることができる。

~基調講演とキーワードから~アジア・パシフィックが抱える課題

カンファレンスを通して、アジア・パシフィック地域が抱える課題をキーワードで示すとすれば、

「クリエイティビティ&イノベーションの重要性」

「IT技術が変える教育」

「Generation Yへの対応法」

「(多様な文化)×(多様な世代)=複雑化する世界における人材活用」といった辺りが見えてくる。

3日間それぞれにアレンジされていた基調講演は、それらの課題を適宜に網羅していたように見受けられた。とはいえ、米国から招聘されたスピーカーからのメッセージは当然、アジア地域に特化しているものではなく、地球規模で議論されているテーマであった。そのエッセンスを少しずつ紹介する。

<1日目の基調講演>

The 3rd Generation Leadership Challenge:Developing Human Capacity(第三世代のリーダーシップチャレンジ:人材の能力開発)

講演者:Daniel H. Kim,

Organizational Consultant, U.S.A.

オープニングの基調講演の登壇者は、MIT組織学習センター創設者の一人として著名なダニエル・キム氏。氏の講演では、今日の変化の時代を18世紀から19世紀に起きた産業革命時と同様の「変革の時代」になぞらえ、この時代に求められるリーダーシップは、“transformationalleadership(変革のリーダーシップ)であると定義していた。そのためにリーダーは、オピニオンビルダーであると同時に指導者であり、コーチ、デザイナー、世話役といった多様な役割を務めつつ、組織における個人の能力を解き放つ役割を担う立場にあること。そして、クリエイティビティやイノベーションを生み出す個人の“違い”を尊重し、個人が生み出す「parts(部分)」が総体的に集められて初めて企業は複雑化する顧客ニーズに応えられるため、これを実現する「学び」の革命が必要である、というメッセージが伝えられた。

<2日目の基調講演>

「Learning and Technology(ラーニングとテクノロジー)」

講演者:Christopher Pirie,

General Manager , Sales and Marketing and Services Group Readiness, Microsoft

2日目の基調講演は、当初予定されていたASTDのCEO、トニー・ビンガム(Tony Bingham)氏がニューヨークを直撃したハリケーン・サンディによってカンファレンスに参加できないというハプニングで始まったものの、代わりに講演したマイクロソフトのクリストファー・ピリー氏は、同社が提供する最新技術を参考に、IT技術によって現在、そして未来の教育がいかに変化していくかに言及した。

氏は、デバイス機器、クラウドコンピューティング技術、そしてNUI(ナチュラル・ユーザー・インターフェイス)の普及によって、“TheWorld is Your Classroom”(世界のどこもが学ぶ場となる)が実現する今日の世界において、教育の形がいかに変化していくのだろうか、と聞き手に問いを投げかけた。高度な技術によって、ラーニングの形にもさまざまな可能性が広がっていくことが想像できた。

<3日目の基調講演>

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,369文字

/

全文:4,738文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!