J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

JMAM 通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 日本信号 安全を守る専門性と人間性を主体的に学べる機会で育む

鉄道や道路の信号システムで知られる日本信号。
“交通の安全を守る”という理念を実現するため、同社が求めるのは、高い専門性と人間性を兼ね備えた人材だ。
このような人材を育てるために、同社では、自己啓発や昇格時の教育に通信教育を導入し、主体的に学ぶ風土づくりに力を入れている。

プロフィール

東 義則 執行役員 人事部長
加藤雅一 人事部 自啓塾 塾長

日本信号株式会社
1928年設立。「安全と信頼」に関する卓越したテクノロジーを駆使し、鉄道の分野ではATC(自動列車制御装置)、道路交通の分野では交通信号制御システムなどを開発・販売している。
資本金:68億4,600万円、売上高:845億300万円、従業員数:連結2,955名、単体1,243名(2012年3月現在)

取材・文/赤堀たか子 写真/日本信号提供、本誌編集部