J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

連載 ベンチャー列伝 第24回 “居心地”の良い職場づくりが世界屈指の技術を支える

独創的な技術創出には、優れた人材が不可欠だ。日本の製造業の最先端技術を支え、海外からも視察が絶えない南武。同社では“脱3K”に取り組み、若手や女性技術者を積極的に採用・育成する。社員の帰属意識を高めることで、他社との差別化を図っている。

プロフィール

南武 代表取締役
野村和史(のむら・かずし)氏
1938年生まれ。1961年青山学院大学経済学部卒業後、南武鉄工(現・南武)入社。火災による閉鎖のため退社。日幸電機製作所、ドッドウェル勤務を経て、1984年南武鉄工に再入社。1995年に社長へと就任後、改革を推し進める。
南武
1955年、日本初の油圧シリンダ専門メーカーとして発足。火災で一時閉鎖に追い込まれるも、1965年に再発足。メインの製品は金型用中子抜きシリンダ(自動車産業向け)と鉄鋼巻取り用ロータリジョイント・ロータリシリンダ(製鉄メーカー向け)の2つで、市場シェアは前者が6割、後者は7割を占める。
年商:20億円、従業員数:114名(2009年10月期)
取材・構成/福田 敦之、 写真/石原 野恵