J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

HRD JAPAN 特別対談 「目に見えないものを見る力」 真山 仁 小説家 × 船川淳志 グローバル インパクト 代表パートナー

2010年9月10日HRD JAPAN 3日目に、長年グローバル化について提言を行ってきた船川淳志氏がホストとなり、
小説家・真山仁氏を迎えた。グローバル化に課題を抱える現在の日本に対して、両氏が鋭い提言を行う。

残り:3,480文字

/

全文:4,640文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

真山 仁(まやま・じん)氏
小説家。1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。中部読売新聞(のち読売新聞中部本社)記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』でデビュー。近著に『ベイジン』『プライド』など。
船川 淳志(ふなかわ・あつし)氏
(株)グローバルインパクト 代表パートナー。慶応義塾大学法学部卒業。東芝、アリコ・ジャパン勤務の後、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)にて修士号取得。米国で組織コンサルタントとして活躍後、グロービスのシニアマネジャーを経て独立し、現職。