J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

Column マザーハウスの人づくり

1人の若き日本女性が「途上国にある良いものや人に光を当てたい」と考え、2006年、行動を起こした。アジア最貧国に向かった彼女は、その国の人たちの労働に正当に報いる方法として、ビジネスを始めた。その実態はまさに、「日本的」モノづくりと人づくりである。

残り:3,512文字

/

全文:4,683文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

マザーハウス
2006年3月、山口絵理子氏の「途上国にある良いものや人に光を当てたい」という強い思いが、バングラデシュでのバッグ生産と、日本国内での販売という形で実現し設立された。「途上国から世界に通用するブランドをつくる」ことをミッションとして、その活動をアジア各国に展開中。
文/増田 忠英、写真/マザーハウス提供