J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

企業事例② ヤクルト本社 異文化を理解する「国際塾」で世界に通用する人材を育成

乳酸菌飲料でお馴染みのヤクルト。
日本を代表するグローバル企業の1つであり、世界32の国と地域で事業を展開している。
同社が、社員の国際性を高めるために行っている教育の1つに「国際塾」がある。
同社ではグローバル人材に必要な要件を「異文化を理解してより良い解決策を導くこと」としている。
そんな「世界で通用する力」を養成するための同社の人づくりを紹介する。

残り:3,094文字

/

全文:4,125文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松宮 淳氏
人材開発センター 所長
鶴貝 高之氏
人材開発センター 担当次長
ヤクルト本社
1935年創業。乳酸菌飲料「ヤクルト」をはじめ、化粧品、医薬品など健康に関する商品を幅広く開発・販売する。コーポレート・スローガンに「人も地球も健康に」を掲げ、2010年11月現在、32の国と地域で事業を展開。「ヤクルトレディ」と呼ばれる女性を起用した独自の販売方法は、世界の女性たちの雇用創出にも貢献している。
資本金:311億1765万円(2010年3月期)、売上高:2907億円(連結)(2010年3月期)、従業員数(出向、常勤嘱託を含む):2872名(2010年3月末現在。単体)
取材・文・写真/高橋 美香