J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

Opinion Column 日本の人づくりの原点を探る 宮大工流・人材の育て方

ここまでグローバル時代で通用する日本の強みについて紹介してきた。そこで明らかになったのが、日本人は、人に対するケアができる、協調性がある、相手を思いやるといった世界に通用する強みを持っているということだ。そうした強みが生まれた源泉とは何か……。伝統を重んじてきた宮大工の世界での人材育成から、日本の人づくりの原点を探る。

残り:1,586文字

/

全文:2,115文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

菊池 恭二(きくち・きょうじ)氏
社寺工舎 代表
岩手県遠野市出身。中学卒業後、家大工の修業を始める。21歳から伝説の宮大工、西岡常一棟梁の元で社寺建築を学び薬師寺金堂・西塔の建立に携わる。1990年社寺専門の工務店、社寺工舎創業。棟梁として多数の社寺の建立や文化財建造物の保存修理を手がける。

取材・文・写真/高橋 美香