J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

Opinion対談 グローバル時代における「日本的」の意味を問う

これまで日本企業の強みとされてきた、「人づくりの力」。今後、グローバルな舞台において、その強みはどのように発揮されるのだろうか。また、課題はどこにあるのか。人材マネジメントの教育研究で第一線に立つ一橋大学大学院商学研究科教授守島基博氏と、中央大学大学院戦略経営研究科の特任教授であると同時に、現在外資系金融機関の人事実務に携わる中島豊氏に、それぞれの立場から話を伺った。

残り:5,569文字

/

全文:7,425文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

守島 基博(もりしま・もとひろ)氏
一橋大学大学院商学研究科 教授
1982年慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻修士課程修了。1986年に米国イリノイ大学大学院産業労使関係研究所博士課程修了、組織行動論・労使関係論・人的資源管理論でPh.D.を取得し、カナダ・サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。1990年慶應義塾大学総合政策学部助教授、1999年同大学大学院経営管理研究科教授を経て、現職。主な著書に『人材マネジメント入門』『人材の複雑方程式』(いずれも、日本経済新聞出版社)など。
中島 豊(なかしま・ゆたか)氏
中央大学大学院戦略経営研究科特任 教授
1984年東京大学法学部卒業後、富士通に入社。その後、富士通経営研究所、国際人事を経験する一方で、ミシガン大学ビジネススクールに留学、MBA取得。リーバイ・ストラウスジャパンに転職。以後、ゼネラルモーターズ、ギャップジャパンの人事部長、2006年に楽天の人材本部長、シティグループ証券の人事部長を歴任。2006年、中央大学大学院総合政策研究科総合政策専攻博士後期課程修了。博士(総合政策)。現在は、外資系金融機関に勤務すると同時に、大学院戦略経営研究科特任教授。

取材・文/西川 敦子、写真/吉田 庄太郎