J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

中原 淳の学びは現場にあり! 第3回 CAの成長を支える「点と線」の育成ネットワークリフレクションを促すフライト後の“デブリ”

今、エアライン業界では、競争が激化しています。そうした中、ANAでは国際線を拡大する戦略を打ち出し、今まで国内線、国際線に分かれていた客室乗務員(CA)の一本化を図るため、育成に力を注いでいます。世界に羽ばたくCAの育成の秘密は、“現場の学び”にありました。

残り:3,420文字

/

全文:4,560文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳(Nakahara Jun)氏
東京大学大学総合教育研究センター准教授。「大人の学びを科学する」をテーマに研究を行う。共著に『リフレクティブ・マネジャー』(光文社)など多数。
Blog:http://www.nakahara-lab.net/blog/
TwitterID:nakaharajun
全日本空輸(ANA)客室乗務センター
取材・文/井上 佐保子、写真/真嶋 和隆、イラスト/カワチレン