J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

企業事例(書く①) トヨタ自動車 書く機会を通じて仕事の流儀を育む

さまざまな伝説を生んでいる「トヨタ流企業改革術」。その1つに「A3用紙1枚」の文書作成法がある。あらゆる社内文書をA3用紙、あるいはA4用紙1枚でまとめ上げるという独自の手法は、果たしてどんな狙いに基づいているのか。「A3用紙1枚の筆力」を上げさせ、若手の仕事力を伸ばしている同社のノウハウとは。その具体像を聞いた。

残り:3,023文字

/

全文:4,031文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中島 哲氏
東京総務部長
トヨタ自動車
生産・販売世界首位の日本を代表する自動車メーカー。創業以来「モノづくりを通じて、豊かな社会づくりに貢献する」ことを理念に掲げ、時代をリードする革新的かつ高品質な製品とサービスの提供により、社会の持続可能な発展に努めている。
資本金:3970億5000万円(2010年3月末現在)、売上高:18兆9509億円(2010年3月期連結)、従業員数:32万590人(2010年3月末現在連結)
取材・文/西川 敦子、写真/髙岡 隼人