J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年01月号

KEYWORD 5 ポスト2016採用

就職活動解禁日が後ろ倒しになる2016年春。
これによって、企業や学生にはどんな対応が迫られるのか。
早期の準備、インターンシップの充実などがポイントとなるが、これは実は採用活動の枠を超え、企業にはグローバル競争下での戦略変更を、学生側にはキャリアの早期選択という、本質的な変化を同時にもたらす。
就職や働き方について、企業と学生双方に対しさまざまな支援を行う小島貴子氏が「ポスト2016採用」の全貌を指し示す。

プロフィール

小島貴子(こじま たかこ)氏
東洋大学 グローバル・キャリア教育センター 副センター長 理工学部 生体医工学科 准教授
専門はキャリアデベロップメント。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に勤務するも、出産のため退職。7年後、埼玉県庁に入庁し、職業訓練指導員に。2007年立教大学大学院ビジネスデザイン研究科特任准教授を経て、2011年より現職。著書は『学生のためのキャリアレッスン』(日本能率協会マネジメントセンター)、『働く意味』(幻冬舎)、『就渇時代の歩き方』(主婦と生活社)、『がんばる中高年実践就職塾』(共著、メディアファクトリー)他多数。

[取材・文]=道添進 [写真]=編集部