J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

企業事例3 マネジメント力を育て 変化をリードできる管理職を育てる

激化する競争の中では、実務を実直にこなす能力を磨くだけでは勝ち残ることはできない――そのことを痛感し、変化をリードできるマネジメント層の育成に乗り出した大阪製鐵。もともと真面目に学習する風土が醸成されていた同社が、マネジメント層に何を求めているのか、求めることをどのように学んでもらおうとしているかを紹介する。

残り:2,498文字

/

全文:3,331文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

調 和郎 常務取締役CLO 兼 生産技術部長 兼 購買・外注管理部長
西山 隆一 総務部 人事労働グループリーダー

大阪製鐵
1978年設立。新日本製鐵グループの中核電路メーカとして、山形鋼、溝形鋼、丸鋼から軽軌条、エレベータガイドレールなどの鋼材二次加工製品まで、多岐にわたる製品群をさまざまな産業分野に供給。東証1部、大証1部上場。
資本金:87億6933万7500円、連結売上高:704億8300万円、単体売上高:595億3200万円(いずれも2011年3月期)、連結社員数:706名、単体社員数:432名(2010年3月31日現在)

取材・文/赤堀 たか子、写真/本誌編集部