J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

Opinion 3 学ぶ上司に部下はついてくる―― 人間力のあるリーダーとなるために

スキルなどの左脳的能力に偏るな、今、管理職に本当に求められているのは部下の心をつかむ“右脳的能力”だ――こう話すのは、ビジネスアドバイザーでビジネス書著者の古川裕倫氏。その力は、日常のあらゆる機会を無駄にせず、学ぶことによって身につくという。23年にわたる商社マン生活を通し、つかんだ「先人・先輩の教えを後世に順送りする知恵」とは。

残り:3,410文字

/

全文:4,547文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

古川 裕倫(ふるかわ・ひろのり)氏
多久案 代表
1954年生まれ。早稲田大学商学部卒業。1977年、三井物産入社。エネルギー本部、情報産業本部、業務部投資総括室などを経験。うち10年間はロサンゼルス・ニューヨークに勤務。2000年ホリプロ取締役執行役員、2007年に多久案を設立。現在同社代表および日本駐車場開発株式会社社外取締役、情報技術開発株式会社社外取締役。著書に『20代でリーダーになる人の「人を動かす技術」』(日本能率協会マネジメントセンター)、『20代に知っておくべき失敗を成功に変える生き方』(プレジデント社)、『一生働く覚悟を決めた女性たちへ』(扶桑社)、『「ついて行きたいと」思われる大きな器のリーダーになれ!』(ファーストプレス)など多数。

取材・文/西川 敦子、写真/本誌編集部