J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

Opinion 1 専門的な知識を増やし組織としての余剰を生む ミドルの学びとは

一人前とは、通常が想定される状況で仕事ができること。そのため環境が変化し続ける現在では一人前であるためには継続的な学習が必要だ。だが、起こりつつある環境変化を前に、「何を学ぶべきか」を考えるのでは間に合わない。変化に対応する準備をしておくために、ミドルは、何をどのように学ぶべきか。そして人事はどのようなサポートができるのか。

残り:3,770文字

/

全文:5,027文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

守島 基博(もりしま・もとひろ)
一橋大学大学院 商学研究科 教授
1982年慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻修士課程修了。1986年に米国イリノイ大学大学院産業労使関係研究所博士課程修了、組織行動論・労使関係論・人的資源管理論でPh.D.を取得し、カナダ・サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。1990年慶應義塾大学総合政策学部助教授、1999年同大学大学院経営管理研究科教授を経て、現職。主な著書に『人材マネジメント入門』『人材の複雑方程式』(ともに日本経済新聞出版社)など。

取材・文/木村 美幸、写真/吉田 庄太郎