J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 顧客と一人の人間として 真剣に向かい合う社員は 組織の温かな絆が生む

東京海上日動システムズは、東京海上日動火災保険をはじめとする東京海上グループのIT戦略を担うシステム会社だ。社員間のつながりを醸成する「コミュニティ活動」や競争しない人事評価制度など、「毎日行くのが楽しい会社」をめざす取り組みはどれもユニークで、IT業界における能力開発、組織づくりのモデルケースとして高く評価されている。全社員を優秀なSEとして育成し、世界一の保険システム会社をめざしたい、と語る横塚裕志社長に、人づくりにかける想いを聞いた。

残り:4,802文字

/

全文:6,403文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

東京海上日動システムズ 代表取締役社長
横塚 裕志(Hiroshi Yokotsuka)氏
生年月日 1951年3月18日
出身校 一橋大学商学部
主な経歴
1973年4月 東京海上火災保険(現・東京海上日動火災保険) 入社
2004年10月 IT企画部長
2006年7月 東京海上日動システムズ 代表取締役社長就任
2007年6月 東京海上日動 常務取締役
2009年6月 東京海上日動 常務取締役 退任(東京海上日動システムズ 代表取締役社長に専任)
現在に至る

東京海上日動システムズ
1983年9月設立。「技術に心を乗せてお届けします」という理念のもと、国内最大級のシステム開発を手がける。東京海上グループ各社とパートナーシップを組み、システムの開発から安定的な運用までトータルなソリューションを提供している。資本金:5000万円、売上高:172億8460万円(2011年3月期)、従業員数:1444名(2011年4月1日現在)

インタビュアー/井上 佐保子 写真/太田 亨