J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年12月号

企業事例1 自ら考え、行動し、学びとらせる 「黒板のない教室」

「いわれるまで動かない」「自分で考えられない」といったことが若手社員の課題として掲げられる中で、「そもそもなぜ学ぶのか」ということから徹底的に考えさせ、自ら学びとらせる研修がある。自動車部品等の生産、販売、研究開発大手の矢崎総業が行うアドベンチャースクールだ。内定者のうち希望者に対し、海外で1年間の研修期間を与えるというユニークな同社の取り組みを通して、いかに自ら学び、挑戦する人材が育っているのか。その実際を聞いた。

残り:3,296文字

/

全文:4,394文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

望月 英史 総務人事室 人事部
伊藤 夏穂理 矢崎部品 鷲津工場 工務部 工務チーム

矢崎総業
1941年設立。自動車部品(組電線、計器等)、空調機器などを研究・開発・製造・販売するメーカー。自動車のワイヤーハーネスでは世界トップシェアで、世界39カ国421拠点以上でモノづくり事業を展開するグローバルカンパニーとして知られる。
資本金:31憶9150万円、売上高:6283億円(国内、2010年度)、グループ従業員数:19万2500名(うち国内従業員2万1300名、海外従業員17万1200名、2011年6月20日現在)

取材・文・写真/石原 野恵