J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年12月号

Column 自ら決定し実行することが 内発的動機づけを高める鍵 ―脳科学から見る自己学習―

自ら学ぶ意欲と大きな関係がある、内発的動機づけ。これは、賞罰とは関係なく好奇心や関心によってもたらされる動機づけのことをいう。しかし、この内発的動機づけも、金銭的報酬が絡むことで大きな影響を受けるという研究がある。金銭的報酬は、自ら学ぼうとする意欲にどのような影響を与えるのか。脳科学の観点から内発的動機づけについて研究している玉川大学脳科学研究所 松元 健二 教授に聞いた。

残り:1,943文字

/

全文:2,590文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松元 健二(まつもと けんじ)氏
玉川大学 脳科学研究所 脳科学研究センター 教授 博士(理学)
玉川大学脳科学研究所 脳科学研究センター教授。目的指向行動、意思決定、動機づけの脳内機構などを専門とする。1996年京都大学大学院理学研究科霊長類学専攻博士後期課程修了。理化学研究所・基礎科学特別研究員等を経て、2007年早稲田大学大学院先進理工学研究科・客員講師、カリフォルニア工科大学神経科学訪問研究員。玉川大学脳科学研究所・嘱託研究員、2008年同准教授、2011年現職。