J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年12月号

OPINION 1 今、ビジネスパーソンに必要な「商才」とは まじめなだけでは生き残れない!成長企業を支える4つのキーワード

「戦後最大の商売人」と呼ばれた江副浩正氏の薫陶を受け、企業の成長をサポートする秋山進氏。
逆境に負けない組織には、必ず商業的センスが満ちていると言う。
右肩上がりに業績を伸ばす日本一の豆腐メーカーを例に、組織人として身につけるべき「商才」の本質をあぶり出す。

残り:2,951文字

/

全文:3,934文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

秋山 進( あきやま すすむ)氏
1963年生まれ。京都大学卒業。リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとしてトップ企業からベンチャー、外資系企業、財団法人
のCEO補佐、事業構造改革、経営理念の策定などに従事。現在は経営リスク診断をベースに組織設計、事業継続計画、コンプライアンス、サーベイ開発、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供。著書に『「一体感」が会社を潰す』(PHP研究所)など多数。
[取材・文]=中津川詔子 [写真]=編集部