J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年04月号

連載 中原 淳の学びは現場にあり 第14回 オープン過ぎる建物が助け合いを生む!? 現代美術館のキュレーターたちの学び 金沢21世紀美術館

北陸の古都、金沢に国内外から年間150万人が訪れる現代美術館があります。2004年の開館から7年を経てなお、多くの人を魅了し続ける金沢21世紀美術館。互いに助け合いながら、現代美術の新たな可能性を模索する熱きキュレーターたちの現場を訪ねました。

残り:3,425文字

/

全文:4,567文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳 ( Nakahara Jun)氏
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。「大人の学びを科学する」をテーマに研究を行う。共著に『リフレクティブ・マネジャー』(光文社)など多数。
Blog:http://www.nakahara-lab.net/blog/Twitter ID : nakaharajun

取材・文/井上佐保子 写真/堀 敏郎 画像提供/金沢21世紀美術館 イラスト/カワチレン