J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年04月号

Opinion① 情報マネジメント力を向上させるソーシャル・モバイルな学び

ソーシャルメディア、スマートメディアの隆盛は、企業の人づくりにどのような影響があるのか、そして企業はそれらをどう人づくりに役立てていくべきなのか。特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアムで会長を務め、企業内教育においても30年以上の経験を持つ小松秀圀氏に聞いた。

残り:3,584文字

/

全文:4,778文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

小松 秀圀(こまつ・ひでくに)氏
日本イーラーニングコンソシアム会長、熊本大学大学院 非常勤講師など、教育のシステム化ビジネスに永年携わるとともに、eラーニングや企業内教育関連の諸社会活動に参画。20数年アメリカの教育事情を調査するなど、企業内教育を改善する社会的活動を行っている。富士ゼロックスで企業内教育のプロフェッショナルとして20年の実践経験を持ち、NTTラーニングシステムズではメディア事業の開発で会社の基礎を構築。

[取材・文・写真] = 髙橋美香