J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

KEYWORD4 変わるアジア市場 “急成長”と“地域格差”で激変 日本企業が捉え切れないアジア市場

急速な発展を見せるアジア市場。日本企業にとっては、身近であり、すでに長く取引を続けてきた市場である。しかし、大泉啓一郎氏は「現在の日本企業はアジアのリーダーであった過去を引きずり、市場を正しく理解できていない」と指摘する。なぜそのような事態が起こっているのか。その背景とアジア市場の現状について話を聞いた。

残り:3,072文字

/

全文:4,096文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

大泉 啓一郎(おおいずみ けいいちろう)氏 日本総合研究所 調査部 上席主任研究員
1988年3月京都大学農学研究科大学院修士課程を修了。1990年より調査業務を開始。三井銀総合研究所、さくら総合研究所を経て、現在、日本総合研究所調査部でアジアの経済動向の調査に従事。東京大学非常勤講師、法政大学非常勤講師、国際協力機構(JICA)社会保障課題別委員会委員。著書『消費するアジア 新興国市場の可能性と不安』、第29回発展途上国研究奨励賞受賞を受賞した『老いてゆくアジア 繁栄の構図が変わるとき』(ともに中央公論新社)。

[取材・文・写真] = 中村博昭