J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年10月号

今月のNEWS

Investigation「若年技能系社員の育成・能力開発に関する調査」結果発表約7割の企業が、「育成・能力開発は企業の責任」と回答●労働政策研究・研修機構

労働政策研究・研修機構は、従業員30名以上の製造業1万社の民間企業を対象に『若年技能系社員の育成・能力開発に関する調査』を実施した。同調査は、ものづくりにおける人材育成をめぐる課題を明らかにすることを目的に実施されたもの。有効回収数は3229件で、有効回収率は32.3%だった。新卒で職場に入ってから「一人前」になるまでの期間について尋ねたところ「3年以上~5年未満」が34.9%、「5年以上~10年未満」が33.7%となり、「3年未満」(16.3%)、「10年以上~15年未満」(11.3%)となった。職場で若年者の育成を担っている人材については「直属の上司」が37.5%と最も多く、次いで「ベテランの技能系正社員」(30.9%)、「歳の近い技能系正社員」(13.0%)となった。若年層の育成・能力開発を担う管理者、監督者に対しての取り組みについて(複数回答)は、「管理者・監督者に部下の育成計画を立てさせる」33.1%、「部下の教育・管理に関する研修」(26.2%)、「部下の教育に関する項目を管理者・監督者の評価項目とする」が19.6%となった。また、若年技能系社員の育成・能力開発がうまくいっているかどうかについては「ある程度うまくいっている」が61.8%と過半数で、「うまくいっている」(4.4%)をあわせると66.2%の企業が「良好」と評価していることがわかった。規模が大きいほど育成・能力開発が「良好」という割合が高く、1000人以上の企業では「良好」が91.7%、「うまくいっていない」は8.3%と少数派だった。「うまくいっていない」と回答した企業に複数回答で理由を聞いたところ「育成を担う中堅層の従業員が不足している」が58.9%、「ノウハウ不足」が44.6%となった。今後の能力開発の責任の所在については、「企業の責任」「企業の責任で進めるに近い」の合計が72.8%と目立って高く、「個々人の責任」を大きく上回る結果となった。これは、あらゆる規模による差はなく、共通した傾向となっている。

問い合わせ独立行政法人 労働政策研究・研修機構TEL:03-5903-6282

Investigationビジネスパーソン300名にメンタルヘルスに関する調査を実施30%超が「メンタルヘルス不全による休職者が社内にいる」と回答●イニシアチブ・パートナーズ

イニシアチブ・パートナーズは、ビジネスパーソン300名に『職場におけるメンタルヘルス』に関するWebアンケートを実施。「あなたの会社に、うつ病などによる休職者はいますか」という質問では、「いる」15.0%、「いると聞いている」16.7%という結果となり、うつ病などのメンタルヘルス不全が身近な問題になっていることがわかった。また、自分のメンタルヘルスが気になるかどうかを尋ねたところ、「気にしている」53.7%、「気にしていない」46.3%で、過半数の人たちがメンタルヘルス不全を他人事ではないと捉えていることがわかった。また、会社でメンタルヘルス対策が行われているかどうかについては、「行われていない」が49.3%とほぼ半数にのぼり、「行われている」は21.0%にとどまった。希望するメンタルヘルス対策のタイプは、「Webなどによる定期的なストレス状況の診断」が35.7%と最も多く、「職場復帰プログラム」22.9%、「外部の相談窓口」11.9%と続いた。

問い合わせ株式会社イニシアチブ・パートナーズTEL:06-6311-1800

Investigation企業内のキャリアカウンセリング 仕組みと施策の実態調査キャリアカウンセリング導入は「人事部門の管理職層の提案」が66.7%●日本マンパワー

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,556文字

/

全文:3,111文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!