J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

連載 インストラクショナルデザイナーがゆく 第62回 虹の彼方に成功が見えたASTD2012デンバーの夜

前回から引き続き、デンバーで開かれたASTD2012のお話。コロラド産のフルーティな白ワインGuyBrew Vineyardのシャルドネを飲みながら(のつもりで)、ここまでのリヴィジット(振り返り)をしよう。
トニー・ビンガムの「モバイル・ネイティブたちの育成には、学びと仕事をインテグレートしたグレートな組織づくりが必須!」というエネルギッシュな問題提起からスタートした基調講演。続いて登場したジム・コリンズが、『グッド・リーダー』と『グレート・リーダー』の違いを南極探検物語を例にドラマチックに語れば、『ミスター・クリエイティビティ』ことジョン・カオは、華麗にジャズピアノを弾きながら組織の『ストラクチャ(ルールと構造)』と個人の『クリエイティビティ(斬新な発想)』の間に起こる魅力的なイノベーションを音で表現してくれた。“ Somewhere Over the Rainbow(虹の彼方へ)”の演奏で幕を閉じたジョンの講演の余韻に浸りながらも、頭の中に渦巻くのは、「で、虹の彼方の成功はどうすれば手に入るのか?」というモヤモヤである。
そこに、「成功の秘訣はこれよ!」と颯爽と現れたのがこの方。

寺田 佳子(てらだ・よしこ)氏
ジェイ・キャスト執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、eLP(eラーニングプロフェッショナル)研修委員会委員長、熊本大学大学院教授システム学講師、JICA─NET Instructional Design Seminar講師、ASTD(米国人材開発機構)会員。著書に『IT時代の教育プロ養成戦略』(共著、東信堂)など。http://instructionaldesign.blog97.fc2.com/

「ヒトは誰でも『自分のことを語る』のが大好き。でも、『私ってこういう人なの』といってるうちは成功しないわ」(ハイディ・グラント・ハルバーソン)

いやぁ、そうなんですよね。「アタシって、しし座なの」「アタシってB 型なの」「アタシって、慎重派なの」「アタシって……」って、ついいっちゃうんですが、この『アタシって症候群』にアナタも罹ってないですか?

それでは『成功』はどんどん彼方へ逃げていくと警告するのが、社会心理学者で、モチベーションの専門家としての著作も多いハイディ。一見おっとりとエレガントな雰囲気だが、その主張は、「全ては経験と学習と努力で決まる。成功したいと思えば成功できる!」とまことに力強い。なんでも、「こうしたい」という強い思いが『脳の筋力』を鍛えて思考パタンを変え、さらには行動パタンをも変化させるという。

脳も体育会系の時代なのね(汗;)。でも、『脳の筋力』を鍛えるって、どうすればいいの?

ハイディの答えは至ってシンプル。成功するためには「行動の準備をする第1フェーズ」と、「実際に行動する第2フェーズ」の2つのステップをこなせば良い。

えっ、これだけ?「そうです!ただし……」とその美しいソプラノをさらにワントーン上げてハイディは続ける。

第1フェーズで重要なのは、マインドセット(考え方)の変革。『私はこういう人なの』的な思考は、他者との比較で自分を評価し、自分はこのレベルだと枠にはめて考えてしまう。既存の枠組みでそこそこ良いポジションを確保できれば安心する『Be Goodマインドセット』である。

これでは成功は手に入らない。比較すべきは今日の自分と明日の自分で、「私はこういうことをする人なの」「こんなふうに変わるの」と考える『Get Better マインドセット』への進化が欠かせない。

そのために、まず言葉の遣い方から変えてみる。たとえば、『私はこうなの(proving 証明)』から『私はこうなる(improving 進化)』へ、『スキルの確認(validating skills)』から『スキルの向上(developingskills)』へ、そして『他の人より良いパフォーマンス』から、『以前の自分より良いパフォーマンス』へ、という感じだ。

こうして今までと違う『脳の筋力』を使ってみると、最終的なパフォーマンスより、変化・進化するプロセス、トライアルそのものが楽しくなってくる。ハイディの示した膨大な調査データからも、新しいことにチャレンジすることが面白くなり、モチベーションがアップし、想定外のリスクや失敗にもタフになるということが明白だ。まさにランナーズハイのような精神状態である。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,036文字

/

全文:2,072文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!