J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

読者提言 論壇 ~「見せ方」の工夫で周囲への影響力を高める~ コンピテンシーの発揮の仕方

多くの企業がコンピテンシーによる人事制度を導入しているが、十分に活用し切れていないケースをよく目にする。コンピテンシーは、正確に理解し、職場で実践することで、誰もが効果的にリーダーシップを強化できる格好のツールだ。数多くのリーダーに対して実証されている活用法を紹介したい。

残り:2,843文字

/

全文:3,790文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

衛藤 英則(えとう・ひでのり) 氏
パーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル・ジャパン(PDIジャパン)シニア・コンサルタント
慶應義塾大学文学部で組織心理学を学ぶ。卒業後、日本企業および外資系企業において人材育成の企画・研究開発・運営などに携わり、2000 年にパーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル・ジャパン(PDI ジャパン)入社。アセスメント・リーダーとして、人材アセスメントのデザインとその運営を中心にコンピテンシー・モデルの構築、360 度多面評価システムの構築、コーチングなどで、多くの企業の人材戦略をサポートしている。