J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

読者提言 論壇 ~「見せ方」の工夫で周囲への影響力を高める~ コンピテンシーの発揮の仕方

多くの企業がコンピテンシーによる人事制度を導入しているが、十分に活用し切れていないケースをよく目にする。コンピテンシーは、正確に理解し、職場で実践することで、誰もが効果的にリーダーシップを強化できる格好のツールだ。数多くのリーダーに対して実証されている活用法を紹介したい。

衛藤 英則(えとう・ひでのり) 氏
パーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル・ジャパン(PDIジャパン)シニア・コンサルタント
慶應義塾大学文学部で組織心理学を学ぶ。卒業後、日本企業および外資系企業において人材育成の企画・研究開発・運営などに携わり、2000 年にパーソネル・ディシジョンズ・インターナショナル・ジャパン(PDI ジャパン)入社。アセスメント・リーダーとして、人材アセスメントのデザインとその運営を中心にコンピテンシー・モデルの構築、360 度多面評価システムの構築、コーチングなどで、多くの企業の人材戦略をサポートしている。

コンピテンシーへの誤解

「コンピテンシーを向上させれば仕事の成果につながるのですか?」「コンピテンシー」について、こうした懐疑的な声を聞くことがある。しかしコンピテンシーは、正しく理解し実践すれば、誰もが効果的に成果を導く格好のツールであることは間違いない。これは私自身、年間何百人ものリーダーにフィードバックを提供する中で実感してきたことだ。

人材育成の現場で日々痛感するのは、コンピテンシーという言葉が明確な定義もなしに、単に「能力」や「スキル」といった意味で遣われていることが少なくないということだ。コンピテンシーがビヘイビア(行動)を指すことすら理解されていないケースも見受けられる。コンピテンシーをうまく活用して部下を指導しているマネジャーにも、ほとんどお目にかかったことがない。

そこで本稿では、コンピテンシーの活用法――行動の「見せ方」を少し変えることで大きな効果を生み出せるコンピテンシーの使い方をお伝えしたい。

コンピテンシーが重視される理由

改めて定義すれば、コンピテンシーとは「高い業績を上げている人の行動特性」のことである。さらに付け加えれば、「他者が見て取れる(観察可能な)スキルや能力などの行動様式を特性として整理したもの」である。コンピテンシーは、目で見える行動でなければならない。なぜなら、成果は行動から生まれるからだ。

コンピテンシーが日本の人事関係者の間に流通するようになったのは1990年代末から2000年代にかけてのことだ。当初、コンピテンシーは、人事考課や昇進・昇格といった場面で使用することを目的に企業に導入された。しかし今では、主に人材育成のために活用されて(されようとして)いる。競争が激化する市場において、高い業績を上げて組織を成功へと導く人材の重要度が、これまで以上に高くなってきているからである。人材の能力を向上させるために、客観的かつ具体的な指標となるコンピテンシーが重視されるようになっているのだ。

この時、過去の成功体験に基づいた人材育成を行うのではなく、現在あるいは将来において組織が必要とする理想の人材モデルを設定し、その成功要因となり得る行動様式を定義することで、論理的な人材開発のアプローチが可能となる。これは社員にとっても、理解が容易で行動に移しやすい具体的な指標となる。

行動特性や行動様式などと聞くと難しい印象を受けるかもしれないが、何のことはない、誰もが仕事中に実践している日常的な行動のことだ。さらにいえば、望ましいコンピテンシーを発揮するには大変な労力を要すると思われがちだが、そんなことはなく、実はほんの少し言動を変えるだけで済むことが多い。

4つの大きなくくりで特徴を把握

コンピテンシーを望み通りに発揮できるようになるには、まず、発揮したいコンピテンシーの優先順位をつけることである。複数のコンピテンシーを一度に発揮しようとすると大変で、挫折しやすい。そこで、限られたコンピテンシーにフォーカスし、徐々に増やしていったり、幅を広げていくことをお勧めしたい。その際に参考となるのが、スーパーファクターと呼ばれる大きなくくりである(図表1)。

具体的な手法は後述するが、これら4つのスーパーファクターによって対象者の大まかな特徴をつかみ、そのうえで不足している領域の育成にフォーカスすることが効率的だ。

「見せ方」によって影響力を強化する

次に、実際にどのようにしてコンピテンシーを発揮し、高めていくのかご紹介したい。コンピテンシーごとに求められる行動が違ってくるため、一例として「影響力」を取り上げる。

影響力とは、他者の支持を得たり、人を動かしたりするスキルのことであるが、もう少し具体的には図表2(次頁)を参照してほしい。弊社のアセスメントの中での、「影響力を発揮している」行動の評価段階の例である。

すでに述べた通り、コンピテンシーはビヘイビア(行動)である。しかし、適切な行動ができているかどうかを決めるのは、自分ではなく周囲の人たちだ。自分の行動が周囲にどう見えているかによって、コンピテンシーの有効性は決定する。これを逆手に取れば、アプローチや言い方、振る舞い方といった、周囲への「見せ方」を工夫することが、コンピテンシー発揮への近道ということになる。

仮に、自分の案を通すために人を説得しようとする時の行動例として、次の4項目を考えてみよう。

1)根拠、背景、理由を伝えて説得する

2)自信ありげな態度、大きな声、熱意、意気込みで周囲に確信を伝える

3)案を実践することで得られるメリットを述べて納得させる

4)相手の意見を聞き入れ、案を微修正することで協力を得る

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,895文字

/

全文:3,790文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!