J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

連載 インストラクショナルデザイナーがゆく 第 51回 モバイルが起こすラーニングの革命!


寺田 佳子(てらだ・よしこ)氏
ジェイ・キャスト執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、eLP(eラーニングプロフェッショナル)研修委員会委員長、熊本大学大学院教授システム学講師、JICA─NET Instructional Design Seminar講師、ASTD(米国人材開発機構)会員。著書に『IT時代の教育プロ養成戦略』(共著、東信堂)など。http://instructionaldesign.blog97.fc2.com/

はるばる来ましたオーランド!抜けるようなフロリダの青空、木陰に流れるカリビアン・ミュージック――ちょっと早めのバカンスとカン違いしちゃいそうな全米屈指のリゾートで、5月22日から開かれたのがASTD 2011 ICE(米国人材開発機構国際カンファレンス&エクスポ)だ。世界中から集まった8500人の人材教育のプロたちと、よく学びよく遊んだ4日間のハイライトをご紹介しよう。

ガラッと変わったASTDのスタイルとは

「m(モバイル)ラーニングが、ライフスタイルを変える!」とジェネラルセッションのオープニングで高らかに宣言したのは、ASTDのプリンス、いやプレジデントのトニー・ビンガム。今や世界で50億人が携帯電話を使い、スマートフォン、タブレットPCなど多彩なモバイル・デバイスのユーザも爆発的に伸びている。もちろんそれと比例して、人材育成のツールとしてモバイルを使う場面も増えてきたが、「しかしアイナット、であることを忘れていけない」とトニー。

ん?アイナット?こっそり隣のサウジアラビアのインストラクショナルデザイナーを見ると、「It’s Not About the Technology(テクノロジーの問題ではない)の略語だよ」

ふーん?じゃ、なんの問題?「ラーニングとパフォーマンスのカタチを全く変えてしまう、人材育成におけるイノベーションの問題なのだ!」(トニー)

例年ならば、「そうかもね~」とうなずくだけで終わったかもしれないが、今年はちょっと違った。ASTDのスタイルそのものが、本当に全く変わっていたのだ。

昨年までのスタイルはといえば、分厚くて重い講演プログラムに付箋を張りまくり、ノートに必死でメモを取り、講師と名刺交換をして、一日が暮れると、資料やパンフで身動きできないほど荷物が増えたもの。足腰の強いものが最後に勝つ!

というのが鉄則だった。

しかし今年は、iPadなどのモバイル端末がその鉄則を一掃した。ASTD専用のアプリをダウンロードすると、プログラム一覧、スケジュール作成、講師の検索、会場の位置確認、講演資料チェックとメモ書きがサクサクでき、講演を聞きながらそのメモをTwitterやFacebookに随時アップして、壁の向こうの仲間ともリアルタイムで情報交換ができる。

自分のプロフィールをコンタクト・カードに入力しておけば、お隣さんとのデータ・シェアも簡単。名刺を渡す代わりに、モバイル同士をくっつけて挨拶する光景が日常になり、お互いの位置情報をキャッチして、ランチの約束もディナーの予約も効率的にできるようになった。その結果、情報交換量が格段に増え、足腰が少々弱くても、好奇心旺盛で新しいモノ好きな者が先をゆく、という雰囲気に様変わりしたのだ。

mラーニングに不可欠な4つのC

そんなわけで、mラーニングについては軍隊から化粧品メーカまで多くの発表や、技術・理論・手法の紹介が充実していたが、中でも心に残ったのが、『mラーニングに不可欠な4つのC』という理論。

Conten(t さまざまなメディアの情報を入手すること)、Capture(必要な情報をテキストや音声・動画等でストックすること)、Compute(情報を活用しやすい形に整理すること)、Communicate(効果的に整理された情報を共有すること)の頭文字をとったのが『4つのC』。さらにCombinations(連携・組み合わせ)を加えて『5つのC』を唱えるスピーカもいたが、いずれもポイントは、「小さな画面で研修コンテンツを眺めるのがmラーニング、だと思ったら大間違いだ!」ということ。その手軽さと多機能性、クラウドを活用して、ダイナミックな業務支援ツールとして活用されるべきものなのだが、「mラーニングといいながら、実はmトレーニングという例があまりにも多い」と米国海軍のトレーナーがブツブツいっていたのも印象的だった。

ちょっとセンチなドンとの別れ

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,216文字

/

全文:2,431文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!