J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

TOPIC③ ASTD2011 International Conference & Expoレポート リーダーシップ開発は 個人の内面と向き合うアプローチへ

ASTD(米国人材開発機構)主催の「 ASTD International Conference & Expo」が今年も5月22日~25日まで米国フロリダ州オーランドで開催された。「 Learning to Lead(リードするための学習)」をメインテーマとし、リーダーシップ開発についてのセッションが例年に比べ多く用意されていたという。ASTD日本支部理事、リーダーシップ開発委員会委員長の理事を務める永禮弘之氏の視点でその一部をレポートする。


永禮 弘之(ながれ・ひろゆき)氏
エレクセ・パートナーズ代表取締役、ASTD日本支部理事、リーダーシップ開発委員会委員長。化学会社の経営企画、外資系コンサルティング会社のコンサルタント、衛星放送会社の経営企画部長・事業開発部長などを経て現職。幅広い業界の企業に対して、9000名以上の経営幹部、若手リーダーの育成を支援。著書は『マネジャーになってしまったら読む本』(ダイヤモンド社)、『強い会社は社員が偉い』(日経BP社)など多数。

取材・文・写真/永禮弘之

グローバルレベルの最新情報が一挙に集まる

ASTD(American Society forTraining and Development:米国人材開発機構)の最大のイベントが年1回のASTD国際会議だ。今年で67回を重ねるこの会議は、初夏の陽光まぶしい米国フロリダ州オーランドで、5月22日から25日まで開催された。4日間の会期中に300近くのセッションと342社に及ぶ出展会が開催され、人材開発・組織開発の情報収集や議論、ネットワークづくりを目的に、世界70カ国以上から8500名(うち米国以外から2500名)の参加者が集まった。

米国外の国で参加者が多いのは韓国(451名)、カナダ(214名)、ブラジル(146名)、中国(128名)であり、続く日本は119名。日本の参加者は、人材開発・組織開発にかかわる企業の実務者、研究者、コンサルタントが中心だ。

会場内には、「グローバルビレッジ」と名づけられた各国の参加者の交流ラウンジが用意されている。そこには、国内外を問わず他者と意見を交わし、グローバルの、溢れんばかりの情報を得て学びを生み出そうとする数多くの参加者の姿があった(写真)。

メインテーマは「リードするための学習」

ASTD国際会議では、毎年メインテーマが掲げられる。今年のメインテーマは、「Learning to Lead(リードするための学習)」だった。このテーマには、「学習は成功のカギであり、最も成功する組織は学習というアプローチを通じて社員をリードしている。この国際会議で成功に向け、学習についての優れた情報やベストプラクティス、ツールを得てほしい」という主催者のメッセージが込められている。

次に、主要テーマである「セッション・トラック」を紹介しよう。トラックは、図表1のように9つに絞られており、300以上のセッションはこのテーマで分類されている。したがってこの9つのトラックが、今年のASTD国際会議が注目する人材開発・組織開発のトレンドといえる。

昨年は、人材開発のコンセプトや調査、開発手法が「DevelopingPeople(人々の開発)」というトラックに広く集約されたが、今年は再度リーダーシップ開発を主軸にしたトラック「Developing Eff ectiveLeaders(優れたリーダーの開発)」が切り出され、リーダーシップ開発の重要性の高まりを感じた。

組織アプローチに替わる「個人」「社会」アプローチ

具体的なセッション内容の紹介に入る前にセッション全体を俯瞰し、今回のASTD国際会議で打ち出されたコンセプトの2つの大きな流れを捉えてみよう。

1つの大きな流れは、組織開発という組織単位のアプローチを超えて、組織に所属する一人ひとりの内面に根ざした個人単位のリーダーシップ開発や学習に焦点を当てるセッションが多く見られたということだ。組織変革、組織成果創出において人を効果的に動かす働きかけは、「組織全体に対してよりも、個人一人ひとりに対して」という認識が高まっているのだろう。

初日の基調講演では、マーカス・バッキンガム氏(元ギャロップ社コンサルタント)が、個人がそれぞれに持つ強みを最大限に活かし、自分に合ったリーダーシップを発揮することが組織の成功につながると説いた。また、翌日の基調講演では、ダグラス・コナン氏(キャンベルスープ会長兼CEO)が、個人の生き方や考え方に重要な影響を与える瞬間を、リーダーが組織の中でつくり出すことの必要性を主張した(詳細は後述)。

また、その他にも、個人間の信頼が成長のスピードを上げるというスティーブン・コヴィー氏の理論(後述)や、個人の脳の反応に焦点を当てた「NeuroLeadership理論」のセッションなど、個人の内面にアプローチするセッションが目立った(後述)。その一方、一時期注目された、AIやダイアログ、プロジェクトマネジメントのような組織開発・チェンジマネジメントに関するスキル・手法のセッションはあまり目立たなかった印象がある。

さらに、もう1つの流れは、ソーシャルラーニングを扱うセッションが、確固たるポジションを得たことだ。

昨年のASTD国際会議は、Facebook、Twitterなどに代表されるソーシャルメディアの劇的な広がりが、インフォーマルラーニングを中心とした学習に与える影響を示唆したエポック的な大会だったが、その流れは今年も続いている。その流れの最新事情であり、個人のライフスタイルに適応した学習形式として、スマートフォンやタブレットなどを利用して社員が会社提供のコンテンツを学ぶ「モバイルラーニング(M-Learning)」の推進がASTDのCEOから提唱された。

この2つの大きな流れは、「組織対個人」、「組織対社会」の2つの関係性が、人材開発・組織開発のアプローチの切り口として注目されていることを示している。ナレッジワーカーが増え、ダイバーシティが進むにつれ、個人はますます性別や世代など属性で一括りに捉えにくくなる。その結果、組織は集団に対しての働きかけが難しくなっている。同様に職場学習も組織内に留まらず、組織外コミュニティをフィールドとして個人が自律的に進め、得た知恵や知識を仕事に活かすスタイルが主流になりつつあるのだ。

リーダーシップ開発の動向4つのキーワード

では、具体的なセッションの内容を見ていきたい。メインテーマが「Learning to Lead(リードするための学習)」のためか、基調講演も含め、リーダーシップに関するセッション数が例年に比べて多かった。そこで、今年のリーダーシップ開発関連セッションにおけるリーダーシップ開発の動向を、「個人」「組織」「市場」「社会」の4つの層に整理して紹介する。それぞれの層でリーダーシップ開発の焦点となったのは図表2の4つのキーワードだと考える。

❶Individual Insight(個人の内面)への関心の高まり

先述の通り、従来の資質や能力、コンピテンシー(行動特性)といった組織全体で形式知化できるアプローチ手法とは異なり、個人のパーソナルな経験、脳の反応といった個人の内面に焦点を当てたリーダーシップ開発の考え方が取り上げられ、参加者の関心を集めていた。

まず、基調講演ではすでに少し紹介したキャンベルスープ会長兼CEOダグラス・コナン氏と、主に米国大企業を対象にしたエグゼクティブ・コーチを務めるメッテ・ノルガード氏が「タッチポイント(TouchPoints)」について語った。タッチポイントとは、人生の中でその後の生き方や考え方に大きな影響を与える一言が生み出すふれ合いの瞬間。人々はタッチポイントによって、抱えている課題に対して自身の可能性を見出し、コミットメントを高められるという。コナン氏の講演内容を主に述べよう。

氏は、まず自身のタッチポイントを語り、その効力を示した。コナン氏の場合は、数年前に交通事故に遭い、10数時間にわたる大手術が終わって目覚めた時、枕元にいた妻が発した“I'm here”という言葉がタッチポイントとなり、その後の氏の生き方を変えたようだ。事故以前は、米国経営者にありがちな株主至上主義、四半期業績至上主義の厳しい経営者だったと推測される。しかし今は大企業のトップを務める傍ら、組織を越えてエグゼクティブのリーダーシップ開発をボランティアで支援しているらしい。

そして、氏自身が経営者として心血を注いでいるキャンベルスープ社の業績回復、組織風土改革の事例を通じ、タッチポイントを生み続けるリーダーの姿勢を述べた。

リーダーにとっては、組織の人々の内面にいかに“タッチ”し、一人ひとりのコミットメントを引き出すかが重要になる。彼曰く、組織におけるタッチポイントは、「リーダー本人」「周囲の人たち」「実際の取り組み課題」の3つの要素が重なり合って生まれる。そこでは、リーダーの行動の意義は、必ず他人とのかかわり合い、交流の中で見出される。

したがって、リーダーシップにとって大切なのはリーダーとフォロワーの関係であり、リーダーは、課題に対しては厳しい意思・覚悟で臨み(Tough Minded)、人に対しては優しい心で接する(Tender Hearted)という両者の両立が求められる。そして、そうした関係性の中でのフォロワー個人の内面の変化が、組織に大きな影響を及ぼすことも説明された。

聴衆が何より感心したのは、コナン氏自身の実践だ。経営トップとしてグローバル企業の業績回復に追われる中、Tender Heartedで自ら部下に優しく声をかけ、タッチポイントを1日に70回以上生み出し、自らが信じるリーダーの行動を実践し続けていることである。

コナン氏とノルガード氏が語った内容は、『TouchPoints』のタイトルで、米国ではすでに書籍が出版されており、日本語訳での出版が望まれる。

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:4,070文字

/

全文:8,140文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!