J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

TOPIC① 気仙沼漁業協同組合支援チャリティセミナー 「狭くて不便な環境で働くマグロ船漁師に学ぶ ストレスをなくす技術」レポート 限られた資源・困難な状況でもストレスに負けない職場をつくる

去る5月11日、キャリアカウンセラー有志の震災支援団体J-Projectによる、気仙沼漁業協同組合支援チャリティセミナーが日本橋で行われた。講師の齊藤正明氏(ネクストスタンダード代表)は、会社員生活から突然マグロ船に乗ることになったという稀有な経験を持つ。そこから得た「マグロ船ストレスマネジメント」の勘所が、臨場感たっぷりに語られた。その様子をレポートする。
※なお、このセミナーの参加費の一部は、被災した気仙沼漁業協同組合に寄付された。

残り:4,120文字

/

全文:5,493文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

齊藤 正明(さいとう・まさあき)氏
1976年生まれ。2000年に北里大学水産学部を卒業し、バイオ系企業の研究部門に配属。2001年、研究所の所長の命令により、マグロ船に乗せられる。そこで見聞きした漁師たちのコミュニケーション術に感銘を受ける。2007年に退職、人材育成のネクストスタンダードを設立。現在は全国で講演や研修で活躍中。著書に『マグロ船仕事術 日本一のマグロ船から学んだ!マネジメントとリーダーシップの極意』(ダイヤモンド社/刊)他。

取材・文・写真/石原野恵