J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年04月号

CASE.3 サントリーホールディングス より安心して働ける環境に 65歳定年制を導入し、シニア層のさらなる活躍を促す

サントリーホールディングスは、60歳で定年退職した社員を嘱託社員として再雇用する従来の制度を見直し、この4月より、正社員としての雇用を65歳まで延長する「65歳定年制」を導入する。
対象となるのは、同社に籍を置く約5,000人。
定年を延長するねらいと、シニア層を活かすための施策などについて取材した。

残り:1,859文字

/

全文:2,324文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

森原征司 氏 人事本部 課長
サントリーホールディングス
1899年創業、連結従業員数:2万8532名(2011年12月現在)。連結売上高:1兆8516億円(2012年度)。2009年純粋持株会社制に移行。酒
類・食品・健康を軸に多彩な事業を展開。
[取材・文]=増田忠英 [写真]=本誌編集部、サントリーHD提供