J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

Opinion② 管理職手前で身につけるべき母性的リーダーシップとその強化方法とは

管理職、リーダーシップ育成の文脈でよく寄せられるのが、「 もっと早くに育成しておく必要があった」という意見だ。では、ベテラン中堅層に、具体的に何を学んでおいてもらえばいいのだろうか。コンサルティング会社代表、経営コンサルタントの河合太介氏は、変革の時代こそ「母性的リーダーシップ」に目を向けるべきだ、と語る。果たして、ベテラン中堅が身につけるべき“ 柔”のマネジメントとは。

残り:3,470文字

/

全文:4,626文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


河合 太介(かわい・だいすけ)氏
株式会社 道(タオ)代表取締役社長。早稲田大学大学院 商学研究科及び多摩大学経営情報学部 非常勤講師。金融系総合研究所、外資系コンサルティング会社を経て現職。成長、変革、戦略推進のための組織人事の専門家であり、近共著に『不機嫌な職場』、著書に『フリーライダー~あなたの隣のただ乗り社員~』(ともに(講談社現代新書)など多数。

取材・文/西川敦子、写真/日本能率協会提供