J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

企業事例3 未来工業 モットーは「常に考える」。改善提案で問題発見の感度と視点を養う

岐阜県大垣市に本社を構える電材関連メーカー、未来工業。取り扱う製品の多くが業界で高いシェアを占め、創業以来黒字決算という経営面ではもちろん、『常に考える』という経営理念に基づく、数々のユニークな施策で知られる。問題改善提案制度もその1つで、近年は年間1万件を超える提案があるという。同社では、社員が自発的に問題を感知し、提案し、改善することが、日々の仕事の中に組み込まれているのだ。社員自らが問題を発見し、改善する力を育てるにはどうすべきか。同社の仕組みを聞いた。

残り:3,248文字

/

全文:4,331文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

阪本 誠 氏
総務部 総務課 課長

未来工業
1965年創業。電気設備資材、給排水設備およびガス設備資材の製造・販売を行う総合メーカー。約2万種類の商品数を持ち、高い業界シェアを誇る製品も多数。「常に考える」をモットーに、創業以来赤字なしの経営を続けている。2011年第1回「日本でいちばん大切にしたい会社」(法政大学、日刊工業新聞、あさ出版共催)大賞受賞。
資本金:70億6786万円、売上高:219億円(2011年3月期)、従業員数:780名(2011年3月20日現在)

[取材・文・写真] = 石原野恵